;
;
体臭・加齢臭などにお困りなら「いい快互服ドットコム」

加齢臭とは

加齢臭は40代以降に出る中高年特有の臭いです。男性に限らず、女性でも起り得ます。

加齢臭の原因物質は「ノネナール」。ノネナールは皮脂腺が分泌する皮脂のなかのある物質が酸化・分解されることで発生します。

加齢によるものですが、原因を把握し、対策することで減らすことは難しいことではありません。

 

まずは、自分が加齢臭を発しているか、自分では自覚しにくいので家族に確認するのが一番。今まで気を使って教えてくれていなくても、自分から「対策が必要なら考えるけど、どう?」と聞いてみると正直に応えてくれるのではないでしょうか。

 

加齢臭の確認方法

自分では自覚しにくい加齢臭を自覚するには、耳の後ろをこすってみるのが良いそうです。

体のなかでも皮脂腺が多いのが 頭、おでこ、鼻、首回り、耳の後ろ、胸、ワキ、背中です。そのなかで特にニオイが出やすいのが「耳の後ろ」。

耳の後ろをこすってニオイがしたら、加齢臭の発生を疑った方がいいでしょう。

 

他の方法としては枕のニオイ
頭は皮脂腺が体の中で一番多く、髪の毛でムレやすいためニオイが発生しやすい場所です。その臭いが一番移りやすいのが枕。

枕を毎日洗うはあまり居ないでしょう。数日間使用した枕をチェックすれば、大抵は加齢臭があるかわかります。

 

もっともはっきりするのが家族の意見。
家族に指摘されればすぐに判明しますが、気を使って教えてくれない場合もあります。自分から「加齢臭があれば対策したい、自分はどうだろうか?」と訪ねてみるといいでしょう。

「対策したい」と前向きな姿勢を示せば、家族もきっと協力してくれるはず。

対策には食事の改善や洗顔・洗髪料の変更、洗濯方法や周期の見直しなど、家族の協力が必ず必要になってきます。お互いが気持ちよく生活できるように、正直に話し合える環境が対策には重要ですね。

 

食事で加齢臭対策

加齢臭の原因は皮脂の酸化と分解によるノネナールの発生です。
この原因となり皮脂の摂取を控えれば、加齢臭も抑制するすることが出来ます。

食事は洋食よりも和食中心とする。ビタミンC、Eを含む食べ物や食物繊維を意識して摂ると良いでしょう。

 

 

GoGo情報のトップへ戻る

 


 
© 2018 体臭対策 rss