レンタル0円のコスモウォーター

 

富士の湧水とは

富士の湧水は4段階の温度設定できる機能性高いサーバーが特徴です。

 

富士の湧水は、富士箱根伊豆国立公園内に位置する「富士山景観形成地域」を採水地とし、地下200mからくみ上げた天然水です。この地域は富士山の景観や環境を守るために設けられた地域ですので、水質の環境が守られているという安心感があります。

富士のお水といえば、「バナジウム」。こちらの「富士の湧水」にもバナジウムががたっぷり含有されています。それでもミネラルが極端に多いということもなく、軟水ですので、赤ちゃんにも安心して与えることができます。

 

富士の湧水の安全性

富士の湧水は採水地のすぐ近くで製造しています。併設した工場は食品安全の最高規格FSSC22000を獲得した自社工場です。こちらの工場で、

  • 毎月の放射性物質検査
  • 200項目以上の水質検査
  • 48時間の無菌試験

など品質管理を徹底しているのが特徴です。

また、サービスを提供するイワタニはは全国300万世帯へLPガスの配給してきた会社で、その実績とネットワークを活用しているので、

  • 全国各地に拠点がある
  • 蓄積した流通とノウハウ
  • 地域密着のサポート体制

といった強みがあります。

サーバーの設置や使い方が理解できるか不安に思っても安心してください。専任のスタッフが自宅に訪問して行ったり、トラブルがあったときに直接相談ができます。そういった安心感からか、2年以上の契約継続率が80%以上と好評を得ています。

 

富士の湧水のサーバー

富士の湧水のサーバーは4段階の温度設定できる機能性が特徴です。

4段階とは

  • 冷水(6~12℃)
  • 弱冷(12~16℃)
  • 温水(80~88℃)
  • 高温(90~93℃)

カップ麺を食べたいときに便利ですよ。また薬を飲むときなど、冷えすぎた水を避けたいときには弱冷水が重宝します。
サーバーは日本製なのも安心ですね。

その他の安全機能として、

  • タンク内を清潔に保つ自動クリーンシステム
  • 子供のやけど防止のチャイルドロック

なども搭載。やけど防止のチャイルドロックは他社でも標準化されていますが、自動クリーニングシステムは珍しいのではないでしょうか。

 

富士の湧水 その他のメリット

■ダンボールで届くので嵩張らない

富士の湧水は段ボールに入って届くので、重ねて保管出来て便利です。ボトルで届くところでは全部床置になってかさばるんですよね。

段ボールがゴミになるのがたまにキズですが、慣れれば苦でもない。逆に生活の中でダンボールが必要になるときは助かります。

 

■好きな時に注文できる

多くのメーカーでは月の最低注文数が決まっていますが、富士の湧水は好きな時に注文できる都度購入プランがあります。

はじめは水の使用量がわからないから不安ですよね。また、帰省などで使用量が多くない期間に水を余らせることがなくて助かります。

定期便プランでも、一時休止はできるので他社より格段に優れるというわけでもありませんが、安心感が違います。また、他社では一時休止期間も限られるので、そもそもの使用量が少ない家庭では富士の湧水の一択となるかもしれませんね。

 

 

GoGo情報 トップへ戻る

 

© 2018 ウォーターサーバー rss